ボーナスまでキャッシングの返済に充てるべきかどうか

ボーナスまでキャッシングの返済に充てるのは馬鹿らしいと
考えてしまう人もいるようですが、実はそうではありません。
返済に充てたほうが良い場合も多いと言えるでしょう。

ボーナスを返済に充てると良い理由

その理由は利息の支払金額を大幅に減らすことができるからです。
なぜかというと、早く返済をすれば利息をカットできるからです。
ボーナスで全額返済をすれば、その後は利息を支払わなくて良くなりますから、
その分だけキャッシングを有利に活用できると言えるでしょう。

元金をどれだけ早く減らせるかを考える

全額を返済できなかった場合であっても効果は非常に大きくなります。
少しだけでも返済をすれば、翌月に発生する利息の金額は減少しますから、
元金を多く返済することができます。それによってその次の月は
更に利息の金額が減り、さらに元金の返済金額を増やすことができるというようにして、
連続的に利息を減らしていくことができるのです。

利息というのはどれだけ支払ってもキャッシング会社の利益になるだけですから、
できるだけ安くする方法を考えるべきでしょう。
それを考えた場合、ボーナスをもらったときには少しだけでも
キャッシングの返済に充てたほうが賢い使い方ができると言えるでしょう。

例えば、20万円だけ先に返済することによって、
利息の支払金額を数万円もカットできるとすればどうでしょうか。
いずれは返済しなければならないものを先に返済するだけで、
数万円分も得をするということを考えれば、それこそボーナスだとも言えるでしょう。

繰上げ返済

ボーナスで返済するかどうかは置いておいて、
余裕のある時に、予定よりも多めに返済することを繰上げ返済といいます。

上記のような、ボーナスなどのまとまった大きな金額でなくても、
例えば、月々1万円づつ返済している人が、余裕のあるときに
2万円上乗せして3万円を返済する。というのも
結果として全体の総支払額を減らすことができるのです。

余裕がある時には、繰り上げ返済をすることを心がけることで、
さらに負担を減らすことができるということを覚えておきましょう。

↑PAGETOP